的中率が高いAmazon AWS-SysOps日本語テストトレーニングの問題集

 

NO.1 ユーザーは Linux ゗ンスタンスにスナップショットから作成され、添付の EBS ボリュ
ームで「dd if=/dev/xvdf of=/dev/null bs=1M 」 コマンドを実行します。上記のステップを実行
しているユーザーは、次のどの活動ですか。
A. EBS ボリュームを事前ウォー ミングします。
B. デバ゗スへのスナ ップショットからデータをコピーします。
C. ボリュームをフォ ーマットします。
D. デバ゗スを開始す ると、EBS ボリュームにマウントします
Answer: A

AWS-SysOps日本語予想試験   AWS-SysOps日本語受験準備   
Explanation:
When the user creates an EBS volume and is trying to access it for the first time it will encounter
reduced IOPS due to wiping or initiating of the block storage. To avoid this as well as achieve the
best performance it is required to pre warm the EBS volume. For a volume created from a snapshot
and attached with a Linux OS, the "dd" command pre warms the existing data on EBS and any
restored snapshots of volumes that have been previously fully pre warmed. This command
maintains incremental snapshots; however, because this operation is read-only, it does not pre
warm unused space that has never been written to on the original volume. In the command "dd
if=/dev/xvdf of=/dev/null bs=1M" , the parameter "if=input file" should be set to the drive that the
user wishes to warm. The "of=output file" parameter should be set to the Linux null virtual device,
/dev/null. The "bs" parameter sets the block size of the read operation; for optimal performance,
this should be set to 1 MB.

NO.2 ユーザーは米国 東部地域で EC2 ゗ンスタンスを起動します。次のどのオプションは利
用可能なゾーンの選択に関して、AWS で推奨 されていますか。
A. ゗ンスタンスの起 動中にユーザーが利用可能ゾーンを選択することができません。
B. ゗ンスタンスの起 動中に常に AZ を選択 します。
C. AZ を選択しません。代わりに、AWS は AZ を選択します。
D. 常に HA 米国- 東 1? ゾーンを選択します。
Answer: C

AWS-SysOps日本語入門   
Explanation:
When launching an instance with EC2, AWS recommends not to select the availability zone (AZ..
AWS specifies that the default Availability Zone should be accepted. This is because it enables AWS
to select the best Availability Zone based on the system health and available capacity. If the user
launches additional instances, only then an Availability Zone should be specified. This is to specify
the same or different AZ from the running instances.

NO.3 ユーザーは RDS の CPU 使用率が 50 %以上であるとき、通知を受信する RDS で、
CloudWatch のゕラーム を構成しています。 RDS が使用できないように、 RDS でいくつかの非
ゕクテゖブがあるとき、 ユーザーはゕラームをセットゕップします。 ユーザーはどのように
これを設定することができますか。
A. CPU は RDS で 75% 以上 である場合、通知をセットゕップします。
B. 状態が不十分なデ ータがある場合、通知をセットゕップします。
C. RDS のゕラームをセ ットゕップすることはできません。
D. CPU 使用率は 10%以下である場合、通知をセットゕップします。
Answer: B

AWS-SysOps日本語復習過去問   
Explanation:
Amazon CloudWatch alarms watch a single metric over a time period that the user specifies and
performs one or more actions based on the value of the metric relative to a given threshold over a
number of time periods. The alarm has three states: Alarm, OK and Insufficient data. The Alarm will
change to Insufficient Data when any of the three situations arise: when the alarm has just started,
when the metric is not available or when enough data is not available for the metric to determine
the alarm state. If the user wants to find that RDS is not available, he can setup to receive the
notification when the state is in Insufficient data.

NO.4 ユーザーは AWS Cloudformation を使用 することを計画しています。 次のどの機能は正
しく Cloudfromation を 理解するのに役立ちますか。
A. AWS Cloudfromation はそのサービスのユーザーを請求することはありませんが、 作成し た
AWS リソースのみにチ ャージします。
B. CloudFormation はソ フ ト ウェ ゕ を゗ ン スト ー ル する こ とを 可 能に す る ゕプ リ ケー シ ョン
のブー トストラップスクリプトのセットを提供します。
C. Cloudformation はデ ベロッパー&テストを作成するための DevOps モデルに従います。
D. Cloudformation は EC2 、EBS 、VPC 、IAM 、S3 、RDS 、ELB などの多種 多様な AWS サービス で
動作します。
Answer: C

AWS-SysOps日本語実際   
Explanation:
AWS Cloudformation is an application management tool which provides application modelling,
deployment, configuration, management and related activities. It supports a wide variety of AWS
services, such as EC2, EBS, AS, ELB, RDS, VPC, etc. It also provides application bootstrapping scripts
which enable the user to install software packages or create folders. It is free of the cost and only
charges the user for the services created with it. The only challenge is that it does not follow any
model, such as DevOps; instead customers can define templates and use them to provision and
manage the AWS resources in an orderly way.

AmazonAWS-SysOps日本語テストトレーニングは現在のIT領域で本当に人気がある試験です。この試験の認証資格を取るのは昇進したい人々の一番良く、最も効果的な選択です。しかも、この試験を通して、あなたも自分の技能を高めて、仕事に役に立つスキルを多くマスターすることができます。そうすれば、あなたはもっと素敵に自分の仕事をやることができ、あなたの優れた能力を他の人に見せることができます。この方法だけであなたはより多くの機会を得ることができます。

AWS-SysOps日本語テストトレーニングを選択したら100%試験に合格することができます。試験科目の変化によって、最新の試験の内容も更新いたします。AWS-SysOps日本語テストトレーニングのインターネットであなたに年24時間のオンライン顧客サービスを無料で提供して、もしあなたはAWS-SysOps日本語テストトレーニングに失敗したら、弊社が全額で返金いたします。

弊社のAmazonAWS-SysOps日本語テストトレーニングを買うかどうかまだ決めていないなら、弊社のデモをやってみよう。使用してから、あなたは弊社の商品でAmazonAWS-SysOps日本語テストトレーニングに合格できるということを信じています。我々JPexamの専門家たちのAmazonAWS-SysOps日本語テストトレーニングへの更新と改善はあなたに試験の準備期間から成功させます。

AWS-SysOps日本語試験番号:AWS-SysOps日本語問題集
試験科目:AWS Certified SysOps Administrator - Associate (AWS-SysOps日本語版)
最近更新時間:2016-12-20
問題と解答:全303問 AWS-SysOps日本語 練習問題
100%の返金保証。1年間の無料アップデート。

>> AWS-SysOps日本語 練習問題

 

JPexamは最新のC_TBW55_73問題集と高品質のE_HANAINS151問題と回答を提供します。JPexamのC_THR91_1608 VCEテストエンジンとC_THR88_1608試験ガイドはあなたが一回で試験に合格するのを助けることができます。高品質のC_TPLM22_64 PDFトレーニング教材は、あなたがより迅速かつ簡単に試験に合格することを100%保証します。試験に合格して認証資格を取るのはそのような簡単なことです。

記事のリンク:http://www.jpexam.com/AWS-SysOps-JP_exam.html